Blog Home Trends ja スペクトラムを見る

スペクトラムを見る

ラッシュラヴァ、アクアミント、ファントムブルー — この3つのカラーが2020年を席巻し、マキシマリズムと鮮やかな色相が好まれるトレンドを牽引すると考えられます。

色はシンプルでありながら、力強いメッセージを伝えられます。言葉や形がなくても、さまざまな感情を表現することができます。色は重要なものを際立たせることもあれば、重要でないものを簡単に打ち消してしまうこともできます。過去を呼び覚まし、今を伝え、未来を描くことさえ可能です。視覚の世界で色が果たす役割は無限であり、その力は評価しつくせません。

Shutterstockは、創造性を原動力とする企業として、本質的な色がデザイン、マーケティング、メッセージ、そしてその間のすべてにもたらす影響を認識しています。人気が高まっている色を確実に把握するために、顧客のダウンロードを分類し、そのすべての画像から数千億のピクセルデータを分析しました。さらに、各ピクセルを最も近い名前の16進数のカラーコードにマッピングし、昨年から今年にかけて最も需要が増えている色を推察して、これを2020年のカラートレンドとして紹介しています。

近年のミニマリスト主義への反動か、あるいは自己表現への欲求の高まりによってか、豊富さを良しとする足し算的なアイデアが台頭してきました。ファッションから芸術に至るまで、ソフトなパステルカラーからセンセーショナルな色合いへと移行する変化が見られます。ラベンダー、タン、ホワイト、ピンクがピークを過ぎつつある中、次の彩度の高い3つのカラーが2020年を席巻することになるでしょう。

#FF4500

ラッシュラヴァ

その名のごとく溶岩(ラヴァ)を思わせる鮮烈なオレンジレッドは、見る人の心を奪い揺さぶります。燃えるようなオレンジと深みのあるレッド。2つの色相の鮮やかなブレンドが目を引きます。美しい夕陽の輝きから、燃え盛る暖炉の炎まで、この活力に満ちた色合いは、群衆の中で高らかに主張する強さを放っています。

実際の使用効果として、この刺激的なカラーは注目度が非常に高く、ブランドへの関心を集めたい企業にとって最適な即戦力のある表現ツールとなります。この色合いは、文化的には、アジア諸国で幸福、愛、健康を表します。これらの地域の人とコミュニケーションをとる際に心に留めておきましょう。

ラッシュラヴァの厳選画像コレクションをご覧ください。

ラッシュラヴァの厳選動画コレクションをご覧ください。

#7FFFD4

アクアミント

きらめく半貴石や優雅な海岸線を連想させる、この明るい色合いは、穏やかな主張で「今すぐ私を見て」と語りかけます。アクアミントは、シアンとミントを混ぜ合わせたものです。この2つのカラーはそれぞれに目を楽しませてくれますが、融合することによってさらに魅力的な色合いになります。夏のバケーションの思い出、ボラボラの透きとおった海を思い起こさせます。

明るく落ち着いたトーンは、遊び心があるモダンで外向的な印象を与える効果があります。アクセントとしても、メインカラーに使用しても、楽しくて現代的なブランドにぴったりです。このトロピカルな色合いはカリブ海の島々の家や建物にふんだんに使われ、生き生きとした景観を作り出しています。

アクアミントの厳選画像コレクションをご覧ください。

アクアミントの厳選動画コレクションをご覧ください。

#191970

ファントムブルー

ゴッホの『星月夜』で知られる深く溶け込んだインディゴネイビーは、月が輝くドラマチックな夜空を表現するための効果的なカラーとして使われました。現代でも、洗練された魅力で印象的なメッセージを伝えます。人気のナイトクラブの強調された影、新しいダークデニムジーンズ。この色合いは豊かな深みで見る人を魅了します。

暗めのトーンは安定、信頼、洗練といったイメージを与えます。このファントムブルーも例外ではありません。それ自体でも印象的ですが、前述のラッシュラヴァやアクアミントのような明るく対照的な色を引き立てるコンビネーションカラーにも最適です。万能な用途で、オーストラリア、ドイツ、スペインで特に人気が上昇しており、あらゆるクリエイティブに使用されています。

ファントムブルーの厳選画像コレクションをご覧ください。

ファントムブルーの厳選動画コレクションをご覧ください。

国・地域の色相: 世界のトレンドカラーをチェック

色は普遍的に受け入れられていますが、世界のどの国でどのような色が注目を集めているかという点では多様で、国ごとに違いや重なりがあります。以下に世界各地、この先1年間で最も注目すべき色合いをご紹介します。

色の効果を活用してみませんか? このコレクションをチェックして、プロジェクトの魅力を高める色相の組み合わせを取り入れましょう。